総量規制対象外の融資サービスを使うメリットとは

お金を借りる際には、銀行や信用金庫や消費者金融会社など様々な選択肢があり、銀行や信用金庫では総量規制対象外のカードローンを展開しており、消費者金融会社ではキャッシングを提供しています。

利用者はいずれかのサービスを使ったり、あるいは複数のサービスを併用したりといった事が行なえますが、総量規制対象外である銀行や信用金庫のカードローンは、複数の融資サービスを使った時の総限度額が年収の3分の1までしか設定出来ないという総量規制の対象となりませんので、複数の融資サービスを使いたいのであれば、総量規制対象外のサービスを選ぶのが効果的です。

総量規制対象外のローンとキャッシングを併用する事も可能です。しかし、キャッシング側は総量規制の対象になりますので、総量規制には気をつけなければいけません。