キャッシングと総量規制対象外の貸付の違いとは

消費者金融会社は、貸金業法の下で事業を展開する事が法で定められており、ユーザーに融資をする時には総量規制という仕組みが適用されます。しかし、総量規制が適用されるのは、キャッシングやカードローンによる融資であり、住宅ローンやマイカーローン、借り換え目的のローンや医療費ローンなどに関しては総量規制対象外となっています。その為、この仕組みを上手に使いこなしていく事で、ユーザーはお金を借りやすくなります。

キャッシングは利用用途の制限がかなり少なく、使いやすい融資となっていますが、総量規制対象外の貸付に関しては利用用途に制限があります。この事に注意して、ユーザーの用途に合った使い方をしていく事で効果的に融資を利用していく事が可能になります。