現金ではなく、キャッシングの必要性とはっ!

クレジットカードでのキャッシングを異様に敬遠している方が日本人には多いような気がしますが、実は現金を多く持ち歩く方が合理的思考から危険であるのであり、現金を多く持ち歩いていると強盗やスリ、ひったくりに狙われるケースも増えますし、もし強盗にあったり落としたら現金はまず戻って来ないでしょう。

その点、クレジットカードならば落としても基本的に本人以外は使えませんし(1万円まではコンビニでノーサイン、ノー暗証番号で買い物ができてしまえますが・・・)、クレジットカードを落としたり、盗まれた時にはすぐにカード運営会社に連絡をしてカードを止めてもらえば被害は最小限に抑えられますが、現金の場合はなかなかそうはいかないのが現実です。

確かにキャッシングをした場合には1万円当たり数百円の金利がかかりますが、そんなものは安全のためには微々たるものであり保険にお金を掛けるのと同じような感覚で安全、安心を買う保険と同じ位置づけでクレジットカードのキャッシングのことを見た方がいいと思いますし、確かにキャッシングをすると金利がかかるというのが心理的にひっかかる部分なのではありますが、たいした額ではないので安全を優先すべきであると思います。