非正規雇用でも大丈夫

キャッシングの審査の命運を分けるのは、収入です。もし、高額の融資を希望している場合には、どれくらいの年収なのかによって審査の通過の確率が変わってきます。

ここで気を付けておきたいのは、月収ではなくて年収だということです。つまり、これは勤続年数などの続けて仕事をしているという状態も見られているわけですから、もし高い金額を借りたいという希望があるのであれば、数年は少なくとも定職についておきたいところです。

しかしながら、アルバイトや派遣契約などで、期間に定めがある仕事をしている場合には、年収というまとまった収入証明が出せないこともあるでしょう。確かに、アルバイトなどの非正規雇用の場合には、こうした審査で不利になりがちではありますが、キャッシングが利用できないということではありません。

ちゃんとキャッシングはアルバイト契約の人でも利用することができます。融資の金額に差があるものの、審査には通ることができるわけです。本来であれば年収が分かるものを提出するのが基本ですが、今は収入証明が不要のキャッシングが増えてきていますので、年収などに不安があるという方は、こうしたキャッシング会社を選んで申し込みをすると安心して手続きができます。