キャッシングの本人確認を行うときの注意点

通常、キャッシングを利用してお金を借りる場合には、自動車運転免許や健康保険証などを提出して本人であることの確認を行います。それから融資をする側がもっとも重要視していることが、借りる人が今どのような会社に務めていて、今どのくらい収入があるかということです。

収入を把握していなければ、この人にはいくらまで融資をしても大丈夫そうかという判断がきわめて難しくなるためです。ですから、キャッシング会社は本人が務めている会社へ電話をかけることがあります。これは本人がその会社に務めていることが真実か否かを確認する目的でしているのです。

しかし、電話ではキャッシング会社の名前は出さず「Aと申しますが、Bさんはいらっしゃいますか」と質問をするだけです。この場合、同僚や上司が「Bは今いません」と答えるだけで職場への本人確認は完了します。

普通はそれで事なきを得るのですが、中には他社からの電話がほとんどかかってこない職場などもあります。とはいえ、カードローン会社の多くが職場の在籍確認を必須としているのが現状です。

しかしアイフルは給与明細書など職場に関する書類を提出しただけで在籍確認が終了するシステムになっており、電話がかかってくることはありません。